このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年中途入社

福本栄江

グループホーム施設管理者・介護支援専門員
趣味は特にございませんが、仕事が楽しく、仕事が趣味になっているのかなというところがございます。有難いことにエイシン学院に勤めて15年目になります。現在はグループホーム(ローズホーム)の管理者として勤めています。
グループホーム施設管理者・介護支援専門員/福本栄江

エイシン学院の第一印象

エイシン学院を知るきっかけは、前職で訪問介護をやっておりました関係の知人から紹介を受けて、エイシン学院の見学に行きました。

私が見学した時はちょうど体操教室をされてるところでした。体操の先生が前で体操の手本をして利用者の方々が職員のサポートを受けながら楽しく体操をしているところを見て「私がしている訪問介護の世界とはちょっと違うな~、でも楽しそうなところだな!」という雰囲気が印象的でした。

最初の頃は訪問介護を続けつつ、週一でエイシン学院での仕事を並行していましたが、ローズホームの専属になることが決まったタイミングで完全に切り替えました。

訪問介護は利用者の方ありきなので例えば、ショートステイに行ってしまったり、利用者の方が急に具合悪くなったりなどで仕事の予定が無くなることもありましたが、施設は決まった仕事があるので安定して働きたいという意味ではメリットがあると思いました。
自分から解決策見つけにいく

自分から解決策見つけにいく

介護の仕事は1+1=2ではなく、3だったり時には-1だったりもあるので、やり方の答えがひとつではないと私は思っています。

決められた考え方に捉われないないために、他の職員など色んな人の意見や考えを聞くことで、様々な角度から見て考えられるようなるので、より良い答えが出しやすくなるのかなと思い、意識して取り組んでいます。

施設には色んな利用者の方がいますし、その周りにはご家族様もいるので、それぞれ利用者の方を取り巻く環境の違いで私たちもそれに合わせた対応しています。

そんな中で「こういうご家族、人もいるんだな」とたくさん接して体験することで、自分の考えとは違うものに常に気づかされます。それを意識的にしていくと、段々違いもわかってくるようになりました。
まずやってみることは社内でもよく言われるので、それができる環境は有難いと思っています。

仕事ができるかどうかは自身で示す

勤めている職員の年齢幅は広く、若い方で20代から上は70代まででいるんですけれども、どんな年代であっても常に自分の仕事を見返して「今日はここができてなかったから次はこうしよう」と改善をしながら、ひとつずつクリアしていくっていう気持ちが大事だなと思います。

例えば、できなかったことに対して「歳だから」などのような言い方をする方はいらっしゃるかと思いますが、年齢が上の人であっても謙虚に自分の仕事をひとつずつこなし、次のステップに繋げていくという方もいらっしゃいます。

そういった素晴らしい継続力をお持ちの方は、年齢ではなく自分に対しての分析力と行動力の結果だと思いました。
エイシン学院の良さ

エイシン学院の良さ

おすすめとして何が一番かなと考えたところ、やっぱり未経験の人でもウェルカムな感じのところです。ハードル高そうだなと考えず、気軽に来れるような雰囲気はとても良いと思います。

大きい施設となると、ハードルが高いなどのイメージをより持たれると思います。私も最初に訪問介護から施設にと考えたとき、規模が大きい施設ほどやっぱりハードルが高いと感じました。

その点エイシン学院は小規模ですけれども、職員と連携が取りやすく、利用者の方たちと密に接していけることで少しずつ自信がついてくる所は強みだと思います。

結果を得られるまでは大変だったり時間もかかる思うんですけれども、チームワークを意識して仕事をすることでたくさんの学びと困難を乗り越え、楽しさや得るものもすごくたくさんあります。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ケアマネージャーに関連する求人票を見る